iPad買取業界NO1

自由に連れ回せるiPad

自由に連れ回せるiPad

今まさにこの文章を書いているのもiPADな訳で、私にとっては非常に便利なツールになっています。何と言っても軽いし、iphoneは画面が小さくて見えにくいので、お出かけには必ずもって行きます。私は常勤で仕事をしているのですが、持病があり、結構病院へ行くことが多いんです。私の会社は裁量労働制なので、病院へ行くのは全然問題なくて、とても助かるのですが、病院という所はどこでも似たようなものですが、待ち時間が長い。予約制でも、前の人になにか問題があったら診察時間は伸びてしまいます。そんな時に役立つのがiPadなんです。裁量労働制ですから、勤務時間の縛りはない代わりに、当然成果は問われます。ですから、待ち時間にボケっと待っているのはとても無駄です。私は主婦ですから、家に帰ったら家事が山ほどありますし、仕事をしている時間はありません。ですから病院へ行く時は、かならずiPadにデータを入れてもって行きます。データ通信をすると、医療機器に影響があるかもしれないので、持ってはいかないようにしています。病院の待合室というのは、ガヤガヤうるさいのですが、何故か文章を考えたり、仕事をアイディアを練るのに適しているんです。空調も完備されてますしね。時々熱中しすぎて、自分が呼ばれているのに気がつかず、看護士の方が目の前にきてやっと気がつくなんて失敗もありますけども。そんな感じで、私には手放せない機器になってしまいました。ただ、画面上のキーパッドは使いにくいので、スペースがあるときはワイヤレスキーボードを使っています。これで、普通のデスクトップPCと何ら変わりなく使用出来て、快適です。また、旅行などにも最適なんです。私は希代の方向音痴で、まず自分のいる所がよくわかりません。地図も良く読めないのですが、iPadであらかじめ調べておくと、3Dで実際の建物が表示されるため、解りやすい。特に、歩いていると場所がわからなくなってパニックになるのですが、iPadを持ち歩くようになってからは道に迷うことがなくなりましたよ。画面を見せれば通行人にも聞きやすく、とっても重宝しています。iPadは人の欠点を補ってくれる機器だと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ